基礎を固めろ!不動産投資のおすすめ勉強法4選!

ど~も。とりぴっぴです。

今回の記事では不動産投資のおすすめ勉強法をスパッと解説していきたいと思います。

皆さんがこれから不動産投資に取り組む中で日々の学びは欠かせないものです。

でもわかります。

何から手をつけて良いかわからないんですよね。

ですがご安心ください。

この記事を読んだあとはもう迷いません。

私が実際に取り組み、身になったと感じた学習法4つを一挙にご紹介いたします。

是非、明日からの学びの参考にしてみてください。


目次

おすすめの学習法4選

読書

1つ目は読書です。

読書はどんなジャンルにおいても非常に重要な学習法といえます。

今や書店に行けばたくさんの不動産投資関連本が並び、

内容も初心者に向けたものから税金に特化したものなど非常に豊富です。

これからは不動産投資の勉強を始められる方は最低でも10冊は読んでいただきたいところです。

電子書籍やオーディオブックが進化してきた今、

絶えず不動産投資の情報に触れておくことができるので、

是非、読書の習慣を身に付けましょう。

YouTube

2つ目はYouTubeです。

YouTubeも不動産投資と検索をすれば、たくさんの動画がヒットします。

有名な投資家の方や不動産仲介業者の方が有料級の動画をアップしてくれています。

動画は本と違い、身振り手振りなどを用いて説明を行ってくれため、

非常に難しい内容も理解しやすいことがメリットと言えます。

本を読むのが苦手な方にはとてもおすすめの勉強法です。

セミナー

3つ目はセミナーです。

皆さんは「不動産」、「セミナー」と聞いて詐欺まがいの怪しいものを想像されるかもしれません。

確かに受講料が過剰に高額であったり、

セミナー終了後にしつこく営業をかけられるといったセミナーも少なからず存在します。

しかし、プロの投資家の方や不動産仲介業者が

無料で行っている非常に有意義なセミナーがあるのも事実です。

中々、そのセミナーが怪しいものかどうかを見極めるのは難しいですが、

参加費が異常に高額なものには参加しないことをおすすめします。

また、色んな講師の方の話しを聞き、

自分なりの投資スタイルを確立していくことも重要なので、

参加したいと思ったセミナーには、どんどん参加することをおすすめします。

実際に物件を見に行く

最後におすすめしたい勉強法は「実際に物件を見に行く」ことです。

見に行くと言っても近所のマンションやアパートを見に行くのではなく、

売りに出ている物件を見に行くことです。

実際に現地に訪れ、対象の物件を見ると今までとはまるで違う目線で物件を見ることができます。

さらにおすすめしたいのは、その物件の最寄り駅から歩いて物件に向かうことです。

物件を見るときと同様に、今までとは違う目線で街の様子や景色を見ることができます。

あまり物件の中に入りすぎると入居者の迷惑になりますが、

様々な物件を見ることで、物件の見るべきポイントや瞬時に判断する能力が養われていきます。

まとめ

今回の記事では不動産投資のおすすめ勉強法を4つ紹介しました。

  1. 読書
  2. YouTube
  3. セミナー
  4. 実際に物件を見に行く

の4つです。

読書とYouTubeはいつでもどこでも取り組める勉強法のため、

隙間時間を有効活用し、取り組むことをおすすめします。

セミナーと実際に物件を見に行くについては、

自分で調べて自分から行動する勉強法と言えます。

行動力は不動産投資にとって非常に重要です。

自ら学びの場に飛び込むことによって、不動産投資に適した行動力も身に付けましょう。


本日は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また、次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次