超重要!管理会社の選び方を徹底解説!良い管理会社の特徴3選!

ど~も。とりぴっぴです!

今回のテーマは「管理会社の選び方」についてです。

前回の「駅から物件までの距離は重要か?」という記事でも少し触れましたが、

管理会社選びってものすごく重要なんです。

決して、なんとなく決めたり、

勧められがままに委託をしてしまったりなどはしないでください。

ですが、そうは言っても不動産投資初心者の方はどのような管理会社が良い会社なのか、

それを判断する基準やポイントがわからないですよね。

今日はそんな方々に向けて管理会社を選ぶ際のポイントについて解説します。

管理会社選びで失敗しないためにも是非、最後まで読んでください。

とりぴっぴ

私自身、管理会社選びに失敗し、痛い目にあったことがあります。
皆さんが同じ目に合わないために、
今回の記事も最後までお付き合いください。

目次

管理会社とは!?

そもそも物件の管理には自主管理と管理委託契約の2種類があります。

自主管理とは文字通り物件の管理を自分で行うことです。

副業で不動産投資を行う場合、自主管理は難しい(不可能に近い)管理方法となります。

そのため、ほとんどの副業大家さんは物件の管理を委託することになります。

その際、管理を受託してくれるのが「管理会社」です。

管理会社は主に入居者の募集や建物の維持・管理、家賃の集金やクレームの対応など

物件の運営に関する様々な業務を行ってくれます。

クライアントである大家さんはその報酬として管理費を支払うことになります。

管理の範囲やサービス、柔軟性は管理会社によって千差万別のため、

次に解説する良い管理会社の特徴をしっかりとチェックし、管理会社の選定に役立ててください。

良い管理会社の特徴3選

1.物件の運営に対し提案やアドバイスをしてくれる

賃貸物件を運営していると空室が発生したり、トラブルが起きることは当然あります。

良い管理会社はこういった問題が発生したときに、

トレンドや実績などをもとに、より効果的な対処法を提案してくれます。

もちろん、その提案をアテにして自分で学んだり調べたりしないことは良くありませんが、

管理会社が持つ物件管理のノウハウやスキルを活かさない手はありません。

例えば、空室が発生した際のリフォームをひとつとってもそうです。

室内の状態にもよりますが、

普通の管理会社であれば通常の現状回復工事を行い、入居者の募集を開始しますが、

良い管理会社であれば、物件の立地にあったリフォームの提案や、

壁紙や水回りの備品等にトレンドを取り入れたリフォームの提案などを行ってくれるため、

おのずと入居者がすぐに決まり、空室期間が短くなることにつながります。

入居者が数ヶ月決まらなくても、

ポータルサイトへの掲載のみで特に募集活動を行ってくれない管理会社も存在します。

物件をいかに入居者が満足するものへとアップデートできるか、

その力強い味方となってもらえるかをしっかりと見極めましょう。

2.トラブルや問い合わせ等への対応が早い

上記に挙げた提案力と同じぐらい大事なのが対応の早さです。

特に入居者がいる部屋で起きたトラブルにはいち早く対処しなければ、

退去につながってしまうこともありえます。

逆に何かトラブルが発生してもすぐに対処してもらえるという印象を

入居者に持ってもらえれば、物件への満足度があがり長く住んでもらえる要員になります。

他にも空室が発生してから募集を開始するまでの早さや、

こちらから問い合わせをした際のレスポンスの早さなど、

良い管理会社になればなるほどその対応は早いです。

問題やトラブルは先送りにすればするほど状況は悪化するものです。

対応が早いということは、その被害や影響を最小限に食い止める効果もあります。

入居者の目線に立ち、

トラブルや問題をいち早く解決できるパートナーとなってくれるような

管理会社を選びましょう。

3.担当者自身も不動産投資をしている

3つ目は担当者自身が不動産投資を行っているかどうかです。

当たり前の話しですが、

野球を教えてもらうなら野球をしている人から教わりたいですよね?

不動産投資も同じです。

不動産投資を実際に行っている方に担当してもらうのが当然良いのです。

残念ながら管理会社(担当者)=不動産投資のプロというわけではありません。

そのため、管理会社あるいはその担当者自身が不動産投資を行っているかも

重要な要素のひとつとなります。

不動産投資は書籍等で勉強することも大切ですが、

実際に投資を行って知識や経験を積むことはもっと重要です。

やってみないとわからないことが本当に多くあります。

良い管理会社や担当者は自分自身で実際に不動産投資を行っているため、

その経験に基づく提案やアドバイスをしてくれます。

こういった担当者に巡り合うことができれば、

不動産投資を行ううえでのレベルアップもより加速し、

資産拡大への大きなステップとなるでしょう。

まとめ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不動産投資は「管理会社選び」で9割決まる [ 糸賀晃 ]
価格:1,650円(税込、送料無料) (2023/5/20時点)


今回は、良い管理会社の特徴を3つ解説しました。

  1. 物件の運営に対し提案やアドバイスをしてくれる
  2. トラブルや問い合わせ等への対応が早い
  3. 担当者自身も不動産投資をしている

良い管理会社の特徴として上記をあげさせていただきましたが、

逆にいえば、これらの項目が不十分な管理会社であれば、

管理の委託は見直すことをおすすめします。

また、良い管理会社に物件の管理を委託することも大切ですが、

あなた自身が管理会社にとって良いクライアントであることも重要です。

自主管理ができるなら別ですが、副業で不動産投資を行う場合、

管理会社の協力は必要不可欠です。

横柄な態度で接してみたり、連絡をろくに返さなかったりといった行動は絶対にやめましょう。

日々の管理に対する感謝の気持ちを持ち、

共に物件をより良いものへと進化させるパートナーとして

管理会社とのお付き合いを進めていってください。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

記事のリクエストや質問等がございましたら、コメント欄やお問い合わせフォームから

是非、お問い合わせください。

不動産投資初心者ならではの疑問や悩みを全力でサポートいたします。

それでは次の記事でお会いしましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次