不動産投資はマンションやアパートだけ?不動産投資における様々な投資先を解説!

本ブログでは不動産投資についてマンションやアパートへの投資をメインに解説しています。

しかし、不動産投資には他にも様々な投資先や投資法が存在します。

そして、それぞれにメリットとデメリットがあり、どれを投資先として良いと思うかはあなた次第です。

今回の記事では、不動産投資におけるマンションやアパート以外の投資先、投資法について解説します。

今後の投資の可能性を広げるためにも是非最後まで読んでみてください。

目次

不動産投資におけるマンション・アパート以外の投資先3選

とりぴっぴ

不動産投資にも色んな種類があるよ。
収益マンション等にはないメリット、デメリットがあるから
他の投資法についてもしっかり学んでいこう。

①貸地

貸地は所有する土地をそのまま土地として貸し出す投資法です。

最大の魅力はなんといっても手間がかからないことです。

建物を建てる場合は借り手が建ててくれますし、維持費もほとんどかかりません。

土地をそのまま月極の駐車場として貸し出すことも可能です。

また、マンションやアパートとは違い、土地は郊外や地方においても需要があります。

借り手の選択肢が多く、自由度が高いことも魅力のひとつでしょう。

しかし、その反面デメリットも存在します。

まずは固定資産税が高いことです。

面積等にもよりますが土地のみの場合、

建物がある場合と比べて固定資産税が3~4倍になる可能性があります。

加えて土地は貸し出せる賃料が比較的安いため、採算が合うかの試算は必要だと思います。

それに良い土地が見つかったとしても基本的に銀行は土地に対して融資をしてくれません。

つまり、潤沢な自己資金があるか、

相続等で土地を入手する以外に参入することが難しい投資先だといえます。

しかしひとたび土地を入手できれば、

マンションやアパートを建てるよりも土地のまま貸し出す方が向いているエリアもあります。

一番最初に選ぶ投資先としてはハードルが高いですが、

今後の選択肢のひとつとして頭の中に入れておきましょう。

メリット

・土地を貸すだけなので手間がかからない。

・郊外や地方においても需要がある。

・開発や企業誘致により、土地の価格が高騰する可能性がある。

デメリット

・固定資産税が高い。

・貸し出せる賃料が安い。

・土地には融資がつかない。

②コインパーキング

2つ目はコインパーキングです。

先ほどの貸地と重なる部分がありますが、異なる投資法となります。

街中や住宅街でよく見かけるコインパーキングは土地を活用した投資法となります。

土地を所有、または購入した場合にコインパーキング事業を経営することで利益を生み出します。

コインパーキング事業者に土地をそのまま貸し、土地の賃料を得るのは貸地ですが、

所有する土地に自らコインパーキングの設備を購入し、

経営する場合はコインパーキングの売り上げがそのまま土地の所有者に入ることになります。

そして管理費やその他の経費を差し引いた額が純利益となります。

車の台数がどんどん増える日本において駐車場の需要はさらに高まっていくでしょう。

立地によっては土地として貸すよりも大きな利益を生む可能性があります。

維持管理の手間もあまりかからず、

コストもマンションやアパートに比べればかなり安くなります。

しかし、貸地と同様にコインパーキングは建物とみなされないため、固定資産税が高くなります。

また土地を購入する場合、銀行からの融資はほぼ組めません。

潤沢な自己資金やすでに保有している土地が必要となるため、

最初のハードルが高いことが大きなデメリットとなります。

上手くいけば大きな利益を生み出す投資法のひとつですので、

こちらも不動産投資を進めていく中での選択肢のひとつとして覚えておきましょう。

メリット

・維持管理の手間やコストがあまりかからない。

・コインパーキングは今後も需要が高まる傾向にある。

・立地や条件次第では貸地よりも大きな利益を生む可能性がある。

デメリット

・建物とはみなされないため、固定資産税が高くなる。

・土地を購入する場合、銀行からの融資はほぼ受けられない。

・土地の形状によっては経営が困難な場合がある。

③コインランドリー

3つ目はコインランドリーです。

こちらはコインランドリーを建設し、経営する投資法になります。

コインランドリーとは、街中でよく見かける洗濯機や乾燥機が備え付けてある店舗です。

洗濯機はどこの家庭にもあるため、需要がないかと思われがちですが、

天気が悪い日の選択や布団などの大きな洗濯物での活用がされており、需要のある事業です。

基本的には無人のため、管理の手間もあまりなく、

コインランドリーでの収入がそのまま経営者のもとに入ることになります。

デメリットとしては初期費用が高額であることです。

建物の建設、機械の購入、機械の設置など多額の費用がかかるため、

かなりの自己資金が必要となります。

そして日々のコストも電気代が大きくかかります。

電気料金の増額が続く昨今においては、非常に厳しいものとなります。

建物や機械は減価償却が可能なため、節税効果は期待できますが、

月々のキャッシュフローがあまり出ないか、マイナスであれば投資としては失敗といえます。

見積もりを取るなどして収支のシミュレーションを入念に行い。

立地や需要等の条件が良ければ投資先としてはありかもしれませんが、

不動産投資の初期段階で手を出すには少々危険かもしれません。

肝心なのは入念な収支のシミュレーションです。

周辺の状況を良く見極め勝算を持ったうえでの投資判断を行っていきましょう。

メリット

・機械設備等の初期費用が大きいため、減価償却による節税効果が期待できる。

・洗濯機置き場のないようなアパート周辺では大きな需要が見込める。

・カフェやコンビニと併設されたオシャレなコインランドリーの需要が高まっている。

デメリット

・初期費用が多くかかる。

・ランニングコストが多くかかる。(主に電気代)

・銀行からの借入額も多くなるため、収益を出すのが難しい。

まとめ

今回は不動産投資のマンションやアパート以外の投資先について解説しました。

ご紹介した3つの投資先は以下のとおりです。

  1. 貸地
  2. コインパーキング
  3. コインランドリー

貸地は土地をそのまま貸し出し賃料を得る投資法であり、

コインパーキングやコインランドリーは土地の所有者自らが機械設備等を整え、運営する投資法です。

それぞれに違ったメリットとデメリットがありますが、

いずれの投資法も不動産投資を行ううえで最初の投資先としてはハードルが高いことをお伝えしました。

理由としては、銀行の融資が付きづらいこと、税金やコストが大きくかかることなどが挙げられます。

しかし、不動産投資を進めていく中での選択肢としては確実に頭に入れておいていただきたい投資法になります。

どんな投資法でも大切なのは入念かつ綿密な収支のシミュレーションです。

そこで勝機を見いだせれば、投資を行う価値は十分にあるでしょう。

それぞれの投資法の特徴をよく理解し、最適な投資先を選択してください。

あなたの不動産投資が成功することを心から祈っています。

今回は以上です。

当チャンネルでは不動産投資に関する質問や記事のリクエストを受け付けています。

どんな些細な疑問にも全力でお答えしますので、

コメント欄やお問い合わせフォームからいつでもお寄せください。

それでは次の記事でお会いしましょう。

本日もありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次