不動産投資が他の投資よりも優れている理由とは?投資の中で唯一〇〇が使えるから!

投資には色々な投資があります。

株式投資やFX、暗号資産など、その種類は実に多くどれも複雑です。

それにあくまで投資なので、どんな投資にもリスクが付きものです。

財産を失うリスクが伴う分、上手くいけば多くの収益を得ることができます。

そんな投資の中でも不動産投資には他の投資にない大きな強みがあります。

この強みが不動産投資最大の特徴といっても過言ではありません。

今回の記事でその最大の強みについて特徴や詳細を学び、

不動産投資の魅力に気付いたら是非、これをきっかけとして不動産投資の門を叩いてみてください。

すでに始めている人はその重要性について再確認を行いましょう。

目次

投資の中で唯一〇〇を使えるのが不動産投資

結論からいうと、不動産投資は数ある投資の中で唯一「銀行融資」が使える投資になります。

不動産投資以外の投資において、銀行から資金を融資してもらえるものは他にありません。

ではなぜ銀行融資を使えることがそんなにメリットなのでしょうか?

その理由について解説したいと思います。

銀行融資が使えることのメリット

とりぴっぴ

これから説明する3つのメリットをよく理解してね。
きっとこれからの不動産投資に役立つこと間違いなしだよ。

①レバレッジ効果

1つ目はレバレッジ効果です。

レバレッジとは、物理の「てこの原理」を意味し、

投資の世界においては、少ない投資資金で大きな利益を得ることを指します。

銀行融資を利用することによって、

自己資金が少なくても収益不動産を購入することができ、

ローンの返済をしながら収益を得ていくことができます。

また、上手く売却できれば売却益においても収益を発生させることが可能なため、

最終的には当初の自己資金が何倍にもなって返ってくることもざらにあります。

ローンを組むことはリスクと感じるかもしれませんが、

物件の選定や収支のシミュレーションにおいて、綿密な試算ができており、

十分な勝算があれば銀行融資を利用しない手はありません。

②自己資金をある程度残すことができる

2つ目のメリットは、銀行融資を利用することによって、自己資金の一部を手元に残せることです。

不動産投資は購入時に高額な費用が発生しますが、

その後の運営においてもコストが多々発生します。

ランニングコストについては、ある程度把握できる部分がありますが、

突発的なトラブルや設備の故障になんかは予測が難しく、

常に修繕等に伴う費用を準備しておかなければなりません。

そのため、物件購入時は自己資金を全額購入資金に充てるのでなく、

その一部を運営中に起きるトラブル等に備え手元に置いておくことをオススメします。

そのために銀行融資を活用し、自己資金を「転ばぬ先の杖」としましょう。

③投資拡大が早くなる

①の「レバレッジ効果」でもお伝えしましたが、

銀行融資を上手く活用することによって、手持ちの資金以上の物件に投資することができ、

大きな利益を獲得することができます。

それによって、投資の拡大スピードも他の投資と比べて格段に早くなります。

月々の家賃から得る収入と売却時に得る利益が合わされば、

資産は一気に拡大し、その拡大した資産をさらに投資に回すことで資産はどんどん大きくなります。

この銀行融資を利用した投資の爆発力は他の投資にマネできるものではありません。

不動産投資最大のメリットの1つといえるでしょう。

ただ拡大した資産を再投資に充てる場合は、②の「自己資金について」で触れた、

もしもの時に備えて手持ちの資金を残しておくことも念頭に置いておきましょう。

銀行融資を利用する際の注意点

ここまで、3つのメリットで紹介したとおり、

銀行融資は上手く活用すれば一気に資産を拡大させる効果があります。

魅力的に感じると思いますが、当然注意しなければいけないポイントもあります。

銀行融資を受ける際に必ず意識してほしいのが、「返済比率」です。

返済比率とは、月々の家賃収入に対してのローン返済額の割合のことです。

例えば、月々の家賃収入が300,000円で、ローンの返済金が150,000円であれば、

150,000円÷300,000円=0.5=50%

となり、この場合の返済比率は50%ということになります。

そして、この返済比率についてどのように注意をするかというと、

「返済比率は60%を超えてはならない。」ということです。

返済比率が60%を超える投資は、

少しのトラブルやアクシデントにより返済ができなくなる恐れがあるため危険といわれています。

必ず購入前のシミュレーションを行う際はこの返済比率も試算しておきましょう。

上手く融資を活用するつもりが、こういった資産やチェックを怠ると逆に悪影響を及ぼす場合もあります。

銀行融資は投資の成功を左右する大事なポイントのひとつなので、

注視点を押さえ、上手く活用することで資産を拡大させていってください。

まとめ

今回は、「不動産投資の他にはないメリット」として、

銀行融資がもたらす効果や注意点等について解説をいたしました。

銀行融資のメリットとして挙げさせていただいたのが、

  1. レバレッジ効果
  2. 自己資金を手元に残せる
  3. 資産の拡大スピードが早くなる。

の3つです。

レバレッジ効果の力で資産はどんどん拡大していきますし、

その拡大スピードは他の投資をはるかに上回るでしょう。

しかし、銀行融資を活用する場合は「返済比率」に着目し、

無理のない返済計画を立てていくことも大事です。

銀行融資は上手く活用すれば大きな武器となりますが、

失敗すれば自分の首を絞めるものになってしまいます。

この記事を参考に、メリットや注意点を理解したうえで活用いただき、

資産を拡大するうえでの最大の武器としてください。

あなたの不動産投資の規模がスピーディーに拡大されていくことを心から願っています。

今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

当チャンネルでは不動産投資に関する質問や記事のリクエストを受け付けています。

どんな些細な疑問にも全力でお答えしますので、

コメント欄やお問い合わせフォームからいつでもお寄せください。

それでは次の記事でお会いしましょう。

本日もありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次