媒介契約って何?不動産売買における媒介契約の種類や特徴を徹底解説!【不動産購入編】

皆さんは「媒介契約(ばいかいけいやく)」って聞いたことありますか?

あまり聞き慣れない言葉かもしれませんが、

「媒介契約」とは、不動産の売買を仲介業者に依頼する際に結ぶ仲介の契約のことを指します。

「仲介」を法律用語でいうと「媒介」になるので、意味は同じになります。

媒介契約には3つの種類があり、それぞれに特徴や注意点があります。

今回の記事ではそんな媒介契約について、不動産を購入する際の目線から解説していきます。

この記事を最後まで読めば、

媒介契約の意味や種類、その選び方などが完全に理解できるでしょう。

また、不動産を売却する際の視点から見た媒介契約についても記事にする予定です。

今回の記事がお役に立てば、是非そちらもチェックしてみてください。

目次

媒介契約とは?

そもそも「媒介契約」とは、前述しましたが、

不動産の売買を仲介業者に依頼する際に結ぶ仲介の契約のことです。

売主と買主をつなぐ「仲介」をしてもらうためにこの契約は必要となります。

そのため媒介契約は、

売り主または買い主が、仲介を依頼する会社と結ぶ契約になります。

3つの媒介契約を解説

媒介契約には3つの種類があり、それぞれに特徴があります。

どの種類を用いて契約するかは依頼者に選択権があります。

それぞれの特徴をしっかりと理解して、業者に言われるがままではなく、

自分自身で選択、判断をできるようにしておきましょう。

1.一般媒介契約

一般媒介契約の一番大きな特徴は複数の仲介会社と契約を結ぶことが可能なことです。

後述する専任媒介契約、専属専任媒介契約では、1社としか契約を結ぶことができません。

そして、一般媒介契約には「明示型」と「非明示型」があり、

「明示型」は他に依頼した会社を明らかにする方法で、

「非明示型」はその逆で他に依頼した会社を明らかにしない方法になります。

メリット

  • 複数の会社に依頼できるためより良い物件が見つかる可能性が高まる。
  • 複数の会社を比較検討しながら物件を探すことが可能となる。

デメリット

  • 専任媒介契約や専属専任媒介契約を前提としている会社とは契約できない。
  • 複数の会社と連絡を取り合うため手間がかかる。

2.専任媒介契約

専任媒介契約を結べば、契約できる会社は1社のみとなります。

しかし、売却などの際は、自分で見つけた買い主に売ることも可能です。

仲介業者に依頼したいが、自分でも動きたいという方にオススメの方法です。

メリット

  • 契約を結ぶのが1社のため、連絡や日程調整などをコントロールしやすい。
  • 売却の場合、自分で見つけた買い主にも売却が可能なため、仲介業者に依頼しつつ自分でも売却活動を行うことができる。

デメリット

  • 自己都合で契約を解消する場合、違約金が発生することがある。

3.専属専任媒介契約

専属専任媒介契約は、専任媒介契約と同じく1社のみと契約を結ぶことになります。

しかし、売却においては、自分で見つけた買い主に売ることは不可となります。

メリットに関しては専任媒介契約と似る部分がありますが、

依頼者への活動状況の報告等は頻繁に行う必要があるため、

現状を把握しやすい契約となります。

メリット

  • 1週間に1度は依頼者に活動を報告する義務が発生するため、現状を把握しやすい。
  • 売却の場合、レインズに登録するまでの期間が短いため、他の不動産業者の目にとまりやすくなる。

デメリット

  • 売却の際は自分で見つけた買い主に売却することができない。
  • 1社のみの契約となるため、慎重に選ぶ必要がある。
とりぴっぴ

レインズとは、国土交通省から指定を受けた不動産流通機構が運営する
不動産会社専用の物件情報サイトのことだよ。

媒介契約を結ぶタイミング

売り主は所有する物件の売却を決めた時点で仲介業者と媒介契約を締結します。

なら買い主は購入する物件を探し始めた時から媒介契約を結ぶのか、答えはNOです。

不動産を購入する際の媒介契約は、

物件の売買契約を結ぶタイミングで同時に結ぶことが多いです。

なぜかというと、そもそも媒介契約に物件探しは含まれておらず、

売買契約書や重要事項説明書の作成及び説明がメインとなっているからです。

そのため、購入する物件が決まるまでは媒介契約を必ず締結しておく必要はありません。

しかし、媒介契約を結ばなければ仲介業者が仲介手数料を取ることができないため、

購入する物件が決まり、売買契約を結ぶ際に媒介契約も結ぶことが主流となっています。

とりぴっぴ

仲介業者からしてみれば物件検索の依頼が入るたびに
媒介契約を結ぶのはとても無理だよね。
だから売買契約と同時に媒介契約を結ぶことが多いんだ。

まとめ

今回は媒介契約について種類や特徴について解説しました。

媒介契約には、

  • 一般媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 専属専任媒介契約

の3種類があります。

この記事では、主に物件を購入する際の目線で解説をしましたが、

購入時は売買契約の際に媒介契約を結ぶことが多いため、

本当に媒介契約が重要になるのは物件の売却時になります。

売却時の媒介契約の選び方については、次の記事で解説をいたしますので、

是非チェックしていただけると幸いです。

今回はその種類と基礎をしっかりと覚えて、今後の参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

本ブログでは記事のリクエストや質問も随時受け付けています。

コメント欄やお問い合わせフォームからいつでもお寄せください。

それでは次の記事でお会いしましょう。

ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次